名古屋のまなび考房、大学・企業向けキャリア教育研修サービス
  • ホーム
  • サービス・料金
  • 団体概要
  • スタッフ紹介
  • セミナー
  • お問い合わせ
企業・団体・個人でお申込み頂けます。
企業・団体・個人でお申込み頂けます。
参加者の声や活動へのご意見など様々な価値観を共有します。
参加者の声や活動へのご意見など様々な価値観を共有します。
本音で話せる仲間づくりや将来へのヒントとなる学びと交流の場。
本音で話せる仲間づくりや将来へのヒントとなる学びと交流の場。

高所真理子

キャリアコンサルタント・キャリア教育コーディネータ・標準化研究学会会員
キャリアコンサルタント・キャリア教育コーディネータ・標準化研究学会会員

はじめまして 代表の高所(タカショ)です。高所は国内で一族のみ全国12世帯と聞いています。初めてお会いした方からよく聞かれる名前の由来を簡単にお伝えします。その昔、庄屋だったご先祖様が京都の公家に年貢を納めており頂いた名前らしいです。 漢字は簡単なのですが初対面の方からは必ず「コウショさん」と呼ばれます。一度覚えていただくと結構印象には残るようです。

学生時代専攻とは全く関係ない大手銀行系情報処理企業でコンピュータと関わる仕事に従事。開発言語はなんともアセンブリ!特にコンピュータが好きだったわけでもなかったのですが、以後パソコンとのつきあいは現在に至ります。

結婚後2男1女の子育て120%しながら仕事も両立、そのおかげ(?)で15年程前に雑誌“とらば~ゆ”の特集ページ『結婚してからも仕事で輝いている5人のストーリー』の1人として一面で掲載されたことも。。はずかしくて誰にも口外しなかったはずが、「とらば~ゆみたよ!子育てと両立大変でしょうけどがんばって」と数多くの励ましのお言葉。思いっきり予想外でした。そんなゆとり世代と呼ばれる3人の子ども達は1人暮らしの大学生へと成長しました。自分の時間が増えた反面子どもとの対話 ができないちょっぴ淋しい日々です。               椙山女学園大学大学院卒

その後、企業、学校、公共団体を対象としたIT研修、人材育成、キャリアコンサルタントして就職支援などに関わってきました。が、社会人になるまでのキャリア形成が重要と痛感、キャリア教育について学び、実践を積んできました。2011年7月にはキャリア教育コーディネーターネットワーク協議会が認定する「認定キャリア教育コーディネータ」第1期生として登録されました。

教育現場での学びを社会につなげることを目標に、同じ思いを共有するメンバーと共に子ども達の生きる力を育む支援活動を開始。様々な体験を通して自ら考え、学ぶ「場」作りができればと思っています。

今、高卒の3人に2人、大卒の3人に1人が就職できない、そして就職しても3年以内に離職する若者が非常に多い状況でいわゆる7・5・3(年)現象と呼ばれて久しい。しかし現実は入社3月ケ月で辞めてしまう新卒者も年々増加しています。日本の社会で働く若者がいなくなってしまったら?日本の未来はあるのか?そんな危険ともいえる状況です。

昨年の3.11以後、確実に新しい時代に突入しました。それにも関わらず、未だにそれを理解せずに既得損益の保持に汲々といている旧世代。そろそろ若い世代を育成、応援しませんか。今、まさにその時なのです。

成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと、微力だけど無力ではない。そんな思いを持ってお互いを高められるメンバーが集結できれば少しずつでも前進できると信じています。

 今のメンバーとは全員10年以上のつきあい(くされ縁!?)、出会いは運命の始まりかな。